家庭菜園

家庭菜園について調べてみました。

家庭菜園とは、自らが所有(借用)している土地で野菜や果物の栽培を行うことを言います。
自宅の庭やベランダなどを使うのが一般的ですが、市民農園と呼ばれる小規模な農地を借りて
栽培することも出来ます。
野菜を買わなくてもいいぐらい収穫できることもあるので、
家計の助けとして、チャレンジする人も多いようです。

菜園と聞くと、クワなどで田畑を耕すイメージを持つ方もいるかもしれませんが
庭やベランダで栽培する程度であれば、作物を植えるプランターと、スコップ、ハサミを
用意するだけで始めることができます。

家庭菜園でも、少量多品種を栽培するように心がければ、病害虫や天候による被害で
作物が全滅してしまうのを防ぐことができますし、
家族分以上に実がなったとしても、バランスよく消費していくことが可能です。
同一の作物を、大量に栽培してしまうと、保存のきく野菜(いも類など)で無い限り、
毎日、そればかりを食べなければならない状況になってしまいます。

気をつけたいのが、連作障害という現象で、前回、栽培していたものよりも、
病気になりやすかったり、成長が悪くなったりすることを言います。
これは、同一の品種や、近しい品種を同じ場所(土)で連続して栽培するのが原因なので、
土を入れ替えることで、解決できます。
庭などで、直に植えている場合であれば、連作障害を起こしやすい作物のあとは、
収穫後、全く異なる品種を栽培するようにして、ローテーションすれば問題ないようです。

家庭菜園を始める際には、プチトマトや、じゃがいもなどの栽培しやすい野菜から始めていき
1〜2年ほど、四季を通じて基本的な作業に、身体を慣らしながら、徐々に難易度の高い野菜を
試すのが良いようです。
野菜以外も育ててみたい人にオススメなのが、ローズマリー、タイムなどのハーブ類です。
ハーブは、虫除けとしても最適ですし、野草のように丈夫なので、多少、放っておいても問題ありません。